兵庫県建設業協会(兵建協)は、会員相互の信義を重んじ、協力一致、常に経営の合理化と技術の研鑚に努め、会員の健全な発展と建設業の経済的社会的地位の向上を図り、工事の適正な価格を保持するとともに、会員相互の親睦に寄与し、社会公共の福祉を増進することを目的としています。兵庫県建設業協会(兵建協)は、会員相互の信義を重んじ、協力一致、常に経営の合理化と技術の研鑚に努め、会員の健全な発展と建設業の経済的社会的地位の向上を図り、工事の適正な価格を保持するとともに、会員相互の親睦に寄与し、社会公共の福祉を増進することを目的としています。

豊岡地区イメージ写真豊岡地区イメージ写真

豊岡支部

支部長挨拶

兵庫県建設業協会 豊岡支部 支部長 中川和久兵庫県建設業協会 豊岡支部 支部長 中川和久

兵庫県建設業協会 豊岡支部
支部長 中川 和久

株式会社 中川工務店

平素は、一般社団法人兵庫県建設業協会豊岡支部に格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
兵庫県の北に位置します豊岡支部は、国指定の「天然記念物コウノトリ」が自然界で暮らせる環境を有する円山川を中心にした商業地の市街地から、春夏秋冬の大自然を満喫できる神鍋高原、志賀直哉で有名な「城崎温泉」、また但馬の小京都「出石」など観光業も盛んな地域でもあります。また、全国1、2を争うかばんの生産地であり、近年、豊岡ブランドを前面に出した「かばん工房」も多く出店され活気に満ちております。
さて、豊岡支部を取り巻きます建設業の実態は、公共工事=「悪」といわれた時代をすごし低迷しておりましたが、阪神淡路、東日本大震災を契機に地域に頼りにされる建設業として、災害工事をはじめ維持管理業務、除雪作業などに積極的に参加しております。しかし、地域経済の縮小傾向から建設業への意識の変化もあり、公共工事の減少、若手職員の減少、職員の高齢化が進む中、支部では建設技術者養成センターを開設するなど、人員育成にも力を注いでおります。
建設業の仕事は、この地域の皆さんの安心安全を守るという使命感に燃える35社会員で構成し日々努力研鑽をしております。今後、豊岡支部に対しまして一層のご指導とご支援を賜りますようお願いいたします。

支部概要

豊岡市は、平成17年4月1日、兵庫県の北東部に位置する1市5町(豊岡市、城崎町、竹野町、日高町、出石町、但東町)が合併してできたまちです。市域の約8割を森林が占め、北は日本海、東は京都府に接し、中央部には母なる川・円山川が悠々と流れています。海岸部は山陰海岸国立公園、山岳部は氷ノ山後山那岐山国定公園に指定され、多彩な四季を織りなす自然環境に恵まれています。平成17年9月には、国指定の特別天然記念物・コウノトリが自然放鳥され、人里で野生復帰を目指す世界的にも例がない壮大な取組みが始まりました。

主な事業

活動
・クリーン但馬10万人作戦への参加
・河川愛護月間における清掃奉仕
・但馬技大のインターンシップ受け入れ
・中学2年生によるトライやる・ウィークの受け入れ
・県立豊岡総合高等学校のインターンシップの受入
・建災防分会として年4回の安全パトロール
・建災防労働安全衛生に係る各種講習会の開催

通信衛星を利用した講習会
・監理技術者講習
・建設業経理事務士等テレビ講座

窓口業務

各種用紙の販売
・建設系廃棄物マニフェスト
・建築確認申請書等関係書類
・工事請負契約約款(旧四会連合)
・経営事項審査申請書
・建設業退職金共済申込書

会員数  34社 ※2016.8.1現在


役員   支部長  中川 和久
     副支部長 谷垣 茂樹
     副支部長 平井 博

     副支部長 山口 泰秀


事務局  事務局長 中貝 稔 
     事務局員 中井 智子


委員会等 総務・経営委員会
     河川環境委員会
     青年部会

〒668-0025 兵庫県豊岡市幸町4-7

お問い合わせ

TEL:0796-23-6315 | FAX:0796-24-1048